メタバース活用事例 【都道府県別】

都道府県別メタバース活用事例
    Add a header to begin generating the table of contents

    北海道のメタバース活用事例

    • 【観光】2022年12月、北海道放送(HBC)がANA のグループ企業であるANA NEO 株式会社と協業し、「ANA GranWhale」に協業企業として参加。札幌を中心に南は函館、北は稚内、東は知床・根室といった街の有名施設が登場します。[Link]
    • 【バーチャル展示会】B.LEAGUE所属のプロバスケットボールチーム「レバンガ北海道」は、メタバースプラットフォーム「DOOR」を使ってバーチャルアリーナを公開している。 アバターが着用するユニフォームの購入やフォトスポットでの記念撮影など、現実のようにアリーナの雰囲気を楽しめる。[Link]

    新潟県のメタバース活用事例

    • 【行政】新潟県三条市とPwCコンサルティングとDNPの3者は7月4日、「関係人口創出を通じた持続可能なまちづくりに関する連携協定」を締結したことを発表した。同日から1年間の期間で取り組みを実施する。3者は三条市の課題の分析を行い、その結果に基づいて、メタバースの活用を起点とした関係人口拡大や三条市ならではの魅力拡大に向けた施策を検討する。[Link]

    栃木県のメタバース活用事例

    • 【行政】VR防災体験車。[Link]

    千葉県のメタバース活用事例

    • 【教育】不登校の小中学生、メタバースでつながる 千葉・木更津。千葉県の木更津市教育委員会は、長期間学校に通っていない小中学生の教育支援にメタバース(仮想空間)の活用を開始した。[Link]

    東京都のメタバース活用事例

    • 【行政】江戸川区で「メタバース区役所」の先行運用がスタート!未来の行政サービス。江戸川区は2024年6月26日(水)より、「メタバース区役所」の先行運用を開始しました。DNPは「メタバース役所」サービスの提供を通じて、江戸川区の取り組みを支援します。[Link]
    • 【行政】Z世代と共創したゲームメタバース「Fortnite」で渋谷区の社会課題解決へ 「SHIBUYA Good Manner Challenge feat. Fortnite」始動。『Fortnite』上のゲーム体験を通じて、若年層や訪日外国人にマナー啓発を行い、街の美化やマナー意識改革を促すものです。[Link]

    静岡県のメタバース活用事例

    • 【行政】静岡県焼津市とHIKKY、メタバースを活用した地域活性化に関する包括連携協定を締結。焼津市は、Vketでバーチャル「マグロ解体ショー」や「マグロ一本釣り体験」、3Dモデルの地場産品展示など、メタバースならではのコンテンツを提供。来場者は楽しみながら市に興味を持ち、市職員も来場者とコミュニケーションを取る場を設け、中長期的な関係を構築しました。これにより、焼津市は“メタバースを活用する先進的な自治体”としてのイメージを確立し、累計70万人以上の来場者を獲得。[Link]

    愛知県のメタバース活用事例

    • 【行政】「自治体はメタバースにどう取り組む?豊田市のメタバース将来ビジョン」。[Link]

    奈良県のメタバース活用事例

    • 【寺社仏閣】TOPPAN、世界文化遺産 金峯山寺の秘仏を 超高解像度16KでVR化。金峯山寺の国宝「蔵王堂」と重要文化財「蔵王権現立像」を 自由に鑑賞できるVRコンテンツで没入感のあるデジタル文化体験を提供。[Link]